読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

男がすたるというか、アイドルがすたる

 

突然ですが、重岡大毅くんに担降りします。
 
 
 

中島健人くんを、Sexy Zoneを認知し応援し始めて早い事にもうすぐ2年が経とうとしている。早い早すぎる、まず時の流れにびっくりぽん。

Sexy Zoneはここ1年半いろいろあった。本当にいろいろありすぎた。でもやっぱり健人くんが、そして5人のSexy Zoneが大好きで今まで私なりに応援してきた(つもり)。もちろん今でも大好きです。
 
 
今まではSexy Zoneの健人担として、Sexy Zoneと同時にジャニーズWESTもごくごくゆるりと茶の間で楽しませてもらっていた。
ジャニーズWESTを知ったきっかけももちろん健人くんである。
健人くんがSexy Zoneとして少クラに出ていると知ってから毎週録画し欠かさず見るようになったその番組でジャニーズWESTの存在を知った。
ジャニーズWESTの入り口は少クラで披露された「Criminal」それまではSexy Zoneしか見てなかったのに(むしろWESTとばしてたすみません)「Criminal」を見て以降はジャニーズWESTの歌やトークも見るようになった。
初めて買ったジャニーズWESTのCDは「ジパングおおきに大作戦」
それからシングル、アルバム、Blu-rayがリリースされるたびに購入してはいたものの、特に誰々が大好き!とかじゃなく「しげかっこいい」「のんちゃんかわいい」「濱ちゃんおもしろい」みたいな、ジャニーズWESTというグループがただただ好きだった。
 
 
ジャニーズWESTの入り口はこんなだったけど、重岡くんのことを何をきっかけにこんなに好きになったのかはわからない。
なんかいつの間にかすごい好きになってた、しか言いようがない。
「好きにならなきゃ、好きな理由はわからない。だったら直感を信じてみませんか? 人生は一度きりなんです! ガッツいていこー!!」
というごめんね青春の名言が今になってしみる。
 
 
でも担降りするきっかけになったのがジャニーズWEST コンサートツアー ラッキィィィィィィィ7 1/24 11時開演の福岡公演であることは確かである。これはもう断言できる。
 
 
この日福岡には40年に一度と言われるぐらいまじリアルガチにエグい大寒波が来ていた。地元民の私でも会場にたどり着けるかどうか不安なぐらいの大雪が降っていた。
 
 
私は無事開演前に会場に着くことができたのだが、案の定客席は埋まっておらず開演時間の11時になってもコンサートは始まらなかったので、会場で流れているええじゃないかにのせてなんとなくペンライトを揺らしながらなんとなく歌っていた。
気づいた時にはそのなんとなくを会場全体がやってたから正直あんまり記憶にないんだけど、本当に気づいたら会場にいた全ての人がニコニコしながらええじゃないかを歌ってて、その後粉もんが流れてサビの「おもろなル〜〜⤴︎」がハモっただけでみんなわろてた。一体感がすごかった。まだジャニーズWEST出てきてないのに。楽しい楽しすぎる。
 
 
そんなボルテージMAXの中始まったコンサートでの重岡くんの発言に一発KOノックアウトをくらった。
 
 
 
これで俺らが返せんかったら男がすたるというか、アイドルがすたるってファンの前で言えるアイドルがどこにいます?ここにいた。ここにしかいない。
男でありアイドルである重岡くんの力強い言葉に胸打たれた。
もう後戻りはできない。
 
 
 
そんなこんなで晴れて重岡担になった私ですが、やはりSexy Zone大好きBBAなのでSexy Zoneも変わらず応援していきたいと思います。
 
ただこれからは重岡担として…!